忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


近況。
セラス:EX10-18%
ギーズ:EX8-72%
アンナ:EX9-15%

(;`Д´)<真のマゾさはEX10からだったのかー!

・・・と云う訳でマスケがEX10になりましたが、有料DのMOBに茶ネーム出現。
(まァ、考えれば解る事ですケド(;´ω`)
転ばないので安全に置いておけると云う利点はありますが上がりが悪いので地下鐘乳洞へ移動しました。
・・・うーん、やっぱり混み混みですねー。引っ張られ無さそうな場所探すのが一苦労であります。置けてもステロ飲んでないとかなり死ねます。(´;ω;`)ブワッ
蜘蛛MOB、湧いていきなり毒吹いてくるのも居るので中々侮れませぬ。
防具の見直しをそろそろしないとダメみたいです。
PVやコロニーしないのでまだイケるかなーと思って後回しにしてましたが、GEのストーリーやアップデート楽しめないのはかなり困るッ><
96防具がくるかもな感じですが、ソロな当家にゲットするのはまだまだ先になりそうなのでとりあえずルノワを作ろうかなと。
お誘い受けた時の為にも、もう少し堅くならないとですね…(´A`;)ネー…


そう云えば先日、有料D四区で空いてる場所を探してたらエンシェントアヴァリシアさんがぼんやり黄昏てたので手を出してみたところ…
(´;ω;`)
半分と少し削って終了・・・。
向こうにプロテクがかかると半分から削れない上に回復されて中の人の疲労が半端ない!(これが一番の敗因っぽい/笑)
うーん、でも当家での討伐はまだ難しいみたいです…
3人共マスターになったらまたリベンジしようと思いますが、倒したかったな~><





そして毎度拍手ポチポチ、有難うございます!
とても癒されております。(*´▽`*)ノ







続きは座談会後の某様との逢引ストーリー(笑)です。







座談会後。
お互い就寝時間までまだ時間があると云う訳でM家の方々と再び逢引(*´ω`)
ちなみに場所は前回の場所で。(笑)



まずはご挨拶ターイム。
ご挨拶。
ギーズ『テュリス嬢、ご機嫌麗しゅう…』

ウチにファイ子さんが居ない(いるけれどまた削除予定だったり…orz)所為か、他家門さんのファイ子さんには胸きゅん。
オパイぼーんなコスだと大人なおねーさんですが、スクコスだと本当まだ幼いお嬢さんって感じで思わず可愛い可愛いしたくなります。



ご挨拶。
アンナ『うふふ、可愛らしい子…(クスクス)』
キズキ君『ーッ!!!!!』

対人恐怖症らしいキズキ君にハグ。(笑)
しかしこの後、衝撃的事実が…!!



やんちゃ組挨拶・・・
挨…拶…?
オドボール氏『おー今日もお前のELBDは元気そうだな!』
セラス『あったりまえだろー ホラ俺、ちょー絶★だし?』


深読み大姦ゲイ。
オドボール氏『ほう、良い締まり具合だ』
セラス『まァなー、ちょー鍛えてるし。(ピストン)速度にも自信あるぜ!』






















っつーワケでよ























攻防戦。

セラス『いい加減ヤられろよ、なァ?(ギリギリ)

オドボール氏『はっはっは、断る(グググググ)




Y談(死語)から始まってます。(一部自重)
そして相変わらず俺が上だオメーが下だ合戦が繰り広げられた模様です。(笑)




そんな中、対人恐怖症なキズキ君はアンナの抱擁から逃れるべく
大変なことを口走ってしまいました。
カミングアウト。
キズキ君『お、俺は・・・』
アンナ『?』

俺は(テュリス以外の)女に興味がないんだー


アンナ『あら・・・』
セラス『お?』


ノリノリ。
セラス『ンだよー、だったら問題ねーじゃんか(グイッ)』
キズキ君『な!!!!!!』



同情。
アンナ『大丈夫よ?世界は広いし、色々な人間が居るから』
キズキ君『いや、その…』
アンナ『…応援してるわよ(←凄く優しい微笑で)』
キズキ君『ち、ちちちちが・・・・・・・(ガックリ)』


肝心な部分を抜かしてしまった所為でいきなりカミングアウト状態になってしまったキズキ君。(笑)一言多い人も困りますが、一言少ない人も困りますな。(ニヨニヨ)


そんな中、助け舟(?)が。
云っちゃった!
オドボール氏『キズキが好きなのはあの嬢ちゃんなんだぜ』
キズキ君『ちょ!!!!!!??????』
アンナ『あら、そうなの?』

ログ見たらこちらも大変な事を口走っていたと云う(笑)


告白ターッイム!
セラス『うはーw告っちまえよ!んでガバっとヤっちまえって!!』←他人事
オドボール氏『告れ!告れ!』
アンナ『若いわねー(クスクス)』
キズキ君『・・・・・・・・・(死)』

あちらの方で談笑していたテュリス嬢とギーズには何のことやら。(笑)
この後、みんなの煽りもありキズキ君一大決心をして、テュリス嬢に告白をしようと頑張ったのですが…






















結果。
 




















総スカン。
セラス『おま!!いま時文通ってなんだよ!!ねーよ!!』
オドボール氏『どんだけ内気なんだよオメーはよ!!』
キズキ君『むりむりむりこれ以上無理』
テュリス嬢『????』

アンナ『若い子って本当、可愛いわね…』
ギーズ『君も魅力的で可愛らしいよアンナ…』
アンナ『もう、ギーズったら(クスクス)』



オドボール氏とキズキ君の台詞はM家原文まま。(笑)
そして一部二人の世界作ってますが気にしないで下さい。

なんと云いましょうか、こう、甘酸っぱい青春白書と云いましょうか。
若いてエエナー感がとても微笑ましいです。(*´ω`)


しかし、セラスの怒り(笑)は治まらない模様。
ぶーぶー
セラス『ったくよー、なんだよアレ。…あーあ、テュリスちゃんも大変だよなァ』
テュリス嬢『え?なにがですか?』

さりげなく。
セラス『…モタモタしてっと俺が戴いちまうぜ?(…と云う目でキズキ君を見る/笑)』
キズキ君『!!!!!!!!!!!!!!!!!』
テュリス嬢『??』


ちなみにセラスにとってテュリス嬢は可愛い妹的な目で見てますが、テュリス嬢に構うとキズキ君が大慌てするのが楽しくて仕方ないらしいです。(笑)
・・・苛めたくなる気持ちは解る!( ゚Д゚)o (笑)




そんなセラスの行動に辛抱たまらなくなったキズキ君。
アンナ達に抗議しに行きました。
ビシッ!!
キズキ君『ちょっと、あんたらアイツにテュリスには手を出すなって云えよ!』
アンナ『あら・・・』


!!!
アンナ『でもあのお嬢さん、今フリーなんでしょ?』
キズキ君『(ギクッ!!)』


・・・・・・・・・。
アンナ『なら誰と恋愛しようと自由よね。私達に止める権利はないわ』
キズキ君『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ぷるぷるぷる)』



とどめ。
アンナ『あのお嬢さんを取られたくないのなら、もっと頑張りなさい。…ねェギーズ?』
ギーズ『…ん、ああ、そうだな…(気の毒に…)』
キズキ君『ーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



最後はお姉様からの厳しいダメ出しで終了と相成りました。(笑)
何だか当家と会うと、毎回キズキ君がとても可哀想な事になってる気がするのです…が…(目線逸らし)いやはや、本当弄り甲斐のある子だなァと。(笑)

つーか人様の設定に割り込んでしまってすみませぬ。でも凄く楽しかったです♪
お時間ありましたらまた遊んであげて下さいませ~(*´ω`*)ノ

拍手

PR

Name
E-mail
URL
Title
Color Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Password
 
TBURL
記事URL

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) R(ものぐさ。). All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim